【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。

景観会議とは?

広島県景観会議は、県内の21市町(平成29年4月1日現在)と広島県とで構成しています。この会議は、優れた景観の保全と創造を図るため、平成5年に設立されました。景観づくり大賞の募集をはじめ、研修会や景観事例集の発行などを行っています。
   →「景観会議って?」の項参照

募集要項
第25回景観づくり大賞 募集開始
応募用紙ダウンロード
景観づくり大賞」は、瀬戸内海をはじめとする美しい自然景観、田園や落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り育てるための表彰制度です。
≪応募期間≫
平成29年10月2日(月)〜平成30年1月19日(金)
(※当日必着)
≪応募対象≫
次のテーマごとに、広島県内の優れた景観、あなたのお気に入りの景観を写真に収めて応募してください。
○テーマ 1 風景・まちなみ
四季の移り変わりや、歴史の重みが感じられるもの
○テーマ 2 建築物・工作物

周辺の風景やまちなみ等に調和し、付近の景観と一体的になっているもの

募集要項を見る
応募のお問合せは、お電話で承ります。
受賞作品 過去の受賞作品
昨年度景観づくり大賞 受賞作品決定
平成28年度第24回景観づくり大賞は、下記のとおりに決定しました。
○最優秀賞・・・・
 「凪の瀬戸内
 撮影者:大森 富美男さん(東広島市)
 撮影場所:呉市安浦町
最優秀賞「凪の瀬戸内」
○優 秀 賞・・・・
 「秋の三段峡
 撮影者:橋野 昌子さん(福山市)
 撮影場所:安芸太田町
優秀賞「秋の三段峡」
○優 秀 賞・・・・
 「白粉を纏う
 撮影者:中本 真也さん(広島市)
 撮影場所:広島市中区
優秀賞「白粉を纏う」
○優 秀 賞・・・・
 「赤崎海岸の残照
 撮影者:谷水 毅さん(竹原市)
 撮影場所:東広島市安芸津町
優秀賞「赤崎海岸の残照」
○優 秀 賞・・・・
 「風見馬
 撮影者:三藤 和子さん(竹原市)
 撮影場所:竹原市高崎町
優秀賞「風見馬」
○ふるさと特別賞・・・・
 「クライマックス
 撮影者:小野 博之さん(廿日市市)
 撮影場所:安芸太田町
優秀賞「クライマックス」
○ふるさと特別賞・・・・
 「筏津の原風景
 撮影者:河野 將幹さん(広島市)
 撮影場所:北広島町
優秀賞「筏津の原風景」
○ふるさと特別賞・・・・
 「芦田川 天空の秋
 撮影者:入江 博道さん(府中市)
 撮影場所:府中市用土町
芦田川 天空の秋
○ふるさと特別賞・・・・
 「尾道水道の夜明け
 撮影者:岸田 則子さん(三次市)
 撮影場所:尾道市土堂
尾道水道の夜明け

過去の受賞作品
広島県景観会議事務局 大竹市 建設部 都市計画課
〒739-0692 広島県大竹市小方一丁目11番1号
TEL 0827-59-2167  FAX 0827-57-7149
E-mail toshikei@city.otake.hiroshima.jp
担当者 中川 英也
【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。