【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。
ホーム ≫ 受賞作品一覧 ≫ 第24回広島県景観会議 景観づくり大賞
広島県景観会議
この会議は、優れた景観の保全と創造を図るため、平成5年に設立されました。
第24回広島県景観会議 景観づくり大賞

 

●景観写真の部

 

 

最優秀賞 「凪の瀬戸内」

 

(テーマ1)

 

撮影場所:呉市安浦町

 

撮影者:大森 富美男さん(東広島市) 

 

瀬戸内の漁港の近くで夜明けの景色を撮りに行った時、瀬戸内らしく波静かな海面に雲が多くわずかに青空がのぞく空が綺麗に映り込み瀬戸内らしい幻想的で綺麗な景色になりました。

 

 

 

 

優秀賞 「秋の三段峡」

 

(テーマ1)


撮影場所:安芸太田町

  

撮影者:橋野 昌子さん(福山市)

 

そびえたつ高い岩壁の間を流れる清流、秋の紅葉の季節、光が差し込んだ瞬間、水面が紅葉の色に照らされる様子は、とても幻想的でした。渡船から見上げる岩壁も絶景でした。

 

 

 

 

 

優秀賞 「白粉を纏う」

 

(テーマ1)

 

撮影場所:広島市中区

 

撮影者:中本 真也さん(広島市)

 

 何年に一度かの広島市内の大雪で、雪をまとった広島城が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

優秀賞「赤崎海岸の残照」

 

(テーマ1)

 

撮影場所:東広島市安芸津町

 

撮影者:谷水 毅さん(竹原市)

 

日没後のトワイライトタイム。空がグラデーションがかり、牡蠣筏が残照に映えてとても美しい。正に至福の時。

 

 

 

 

 

優秀賞「風見馬」

 

(テーマ2)

 

撮影場所:竹原市高崎町

 

撮影者:三藤 和子さん(竹原市)

 

この建物が在るのは国道185号線、目の前には美しい瀬戸内海が見渡せる場所にあります。豊山窯で今井政之氏が陶芸の作品を作られ、数々の作品が展示してある建築物です。その建物の上にあるのが風見馬です。今井政之氏の干支が馬です。先生の遊び心で風見鶏ではなく風見馬です。青い海、緑の島々を見ながら製作にはげまれています。ここからの風景は、ながめは心があらわれます。

           

 

 

 

  

ふるさと特別賞

 

「クライマックス

 

(テーマ2) 

 

撮影場所:安芸太田町

 

撮影者:小野 博之さん(廿日市市)

 

最初は水の流れも少しであったが、だんだんと水量が増してきて、人々の喚声も大きくなり水しぶきが空に舞った。
 

     

 

 

 

ふるさと特別賞

 

「筏津の原風景

 

 

(テーマ1)

撮影場所:北広島町

 

撮影者:河野 將幹さん(広島市)

 

どこかで見たことあるような、子供の頃の思い出をさそう、そんな日本の原風景です。

 

 



ふるさと特別賞

 

「芦田川 天空の秋」

 

(テーマ2)

撮影場所:府中市用土町

 

撮影者:入江 博道さん(府中市)

 

芦田川河川敷、用土遊歩道より扇橋方向(川下)にむかっての夜明けの景観を撮影したもので、この附近は地元写真愛好家にも良く知られた撮影スポットでもあるが、撮影当日は夜明けの秋の空いっぱいに鰯雲が大発生。感動す。


 

 



ふるさと特別賞

 

「尾道水道の夜明け」

 

(テーマ1)

撮影場所:尾道市土堂

 

撮影者:岸田 則子さん(三次市)

 

2016年11月末、向島にある創業100年の住田製パン所へパンを買いに行った帰り、フェリーを待つ間に撮影。尾道の灯りはオレンジ色で暖かくて好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

広島県景観会議事務局 大竹市 建設部 都市計画課
〒739-0692 広島県大竹市小方一丁目11番1号
TEL 0827-59-2167  FAX 0827-57-7149
E-mail toshikei@city.otake.hiroshima.jp
担当者 中川 英也
【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。